FC2ブログ

貞子 感想

 最近、邦画しか見てねぇなぁと思いつつまた邦画を見る。つまり、貞子を見に来たわけである。
諸事情で朝シャワーで身体を清め(SEKIRO面白いよな)、二時間かけて映画館へ。
 『この映画、容赦ない』のキャッチコピーに期待しつつ、また貞子をスクリーンで見れるなぁと
期待したわけなんだが……





まぁ、大体予想どおりだったよ。






以下、ネタバレ







あらすじ

 心理カウンセラーをする秋川茉優は患者にしつこく迫られるという悩みを抱えていた。
そんな彼女の下に記憶を失った少女が患者として訪れる。
 彼女はある事件の重要参考人であり、刑事たちも彼女から話を聞きたがっていたが、
彼女が病院を訪れた日から少女の周りで不可思議な出来事が起こり始める。

 一方、茉優の弟である和真は専門学校をやめ、ユーチューバーになったが、泣かず飛ばず
の日々を送っていた。彼は仕事をサポートしてくれる石田からのアドバイスで心霊動画を取るため
にある火災現場を訪れる。
 そこは茉優の下に来た記憶喪失の少女の母親が放火事件を起こしたアパートであり、死者五人を
出したという呪われた場所だった。和真はそこで動画を取り、ネット上にアップするが、そこには
いてはならない存在が写り込んでいた。

 
 そしてその動画を挙げた直後、和真は消息を絶つ。


 たった一人の弟が行方不明で気が気でない茉優だったが、ある日元患者が自分の診察室に入ろうと
する所を目撃する。激情する元患者とどうにかなだめようとする茉優。
 混乱するそこに長い黒髪の女が現れる。

『……貞子』

 元患者は恐怖に見開いた目でその名前を口にした……。





感想

 まぁ、レビューを見ると意見が真っ二つに分かれていたので五分五分だろうなぁ、とは思ってたわけなんですが
やはりあまり面白くはなかったというのが感想。
 まず一つに貞子の生まれ変わりである少女が主人公の下に入院してきて彼女の周りで不可思議な現象が起きるという
流れが序盤にあるわけなんだが、何で彼女がその能力を持っていて母親は彼女を殺そうとしたのかが、全編通して
わからなかったりする。子役はかわいい貞子が彼女に執着していた理由もイマイチよくわからん理由だったし。
 物語後半はユーチューバーになった弟が失踪したから探すという流れになるわけなんですが、この流れになると、
序盤にいた女の子の必要性が皆無となる。
 なんというか、元々別々だった映画を一つにしました感があるような気がしないでもない。

 あとは貞子に関して。最近のJホラーにありがちなんだが、奥ゆかしさが足りない。もう化け物は最後に出てきてビビらせて
くれればいいんだよ。クロユリ、劇場霊もそうだったんだが序盤から化け物出すぎなん、だよなぁ……。
 あとは呪いの効果範囲もなぁ……。ビデオと七日間で死ぬという縛りがあったからこそ貞子は怖かった感があるのにもう
手当たり次第だもんなぁ……動画見たら死ぬぐらいでもよかったような気がしないでもない。あ、でも最後の顔面ドアップは
かなりビビりました。ああいうのでいいんだよ。ああいうので!


 あとはラスト。まぁ、弟が呪い(物理)で死んだのはまぁ、自業自得だし仕方ないとは思うが、茉優ちゃんは女の子と一緒に
幸せに暮らせばいいじゃない。無理にバッドエンドにしなくてもいいじゃない。


 まぁ、不満ばかりのある感想なんだが、茉優に付きまとう元患者、倉橋さんの狂気演技はすごかった。正直、ハサミ片手に
茉優を問い詰めるシーンは茉優をぶっ刺すんじゃないかとドキドキしたわ。なお、この倉橋さんはリング1、2のキャラが
成長したという設定らしい。


 とりあえず不満ばかりの感想で申し訳ないが、最近の俺が見たホラー映画は連続で最終的に最強霊能力者が出て『ハァー!』する
事が多いので物足りなさを感じたのかも知れない。貞子VS伽椰子と来るの霊能力者の最強感は好きです。もう幼女と貞子を戦わせろよ……。


 とりあえず、冬に新たなホラー映画『シライサン』があるみたいなのでそれも期待している。早く見たい。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR